こんにちは。

薬剤師をしながら、専門的な視点から、モテる秘訣についての記事を書き続けています。

 

 

今回は、オナ禁や筋トレの話でよく出てくる「テストステロン」について分かりやすく解説します。

 

皆さんに、より詳しく知ってもらい、テストステロンを高める意欲を持ってもらおうという内容になります。

 

 

※ 悪玉ホルモンと呼ばれる「ジヒドロテストステロン(DHT)」とは別物なので、注意してください。

⬇︎参考記事⬇︎

【ジヒドロテストロン(DHT)とは?〜身体への影響・オナニーとの関係は?〜】

 

 

 


今回のテーマ
  • テストステロンってなに?どんな働きがあるの?
  • テストステロン値が低いとどうなるの?
  • どうやって増やすの?
  • 筋トレとの関連性は?
  • テストステロンが肥満を防ぐ?

 

 

 

 

● テストステロンってなに?どんな働きがあるの?

 

 

男性ホルモンの一種です。

 

本来、身体の骨格や筋肉の成長を助けたり、性欲・性衝動(ムラムラ)を高めるものです。

人類が生きる上では必要不可欠ですね。

 

 

また、脳や精神面の発達にも欠かせない働きをします。

詳しく言うと、「決断力、生きる活力、気持ちの張り」を生み出すホルモンです。

 

これは「明るく前向きで逞しく、ワイルドでセクシーになる」という言い方をされます。

 

つまり、男らしく生きる為にも、無くてはならない物なのです。

 

『テストステロン値が高い=男として魅力的』

 

と言っても過言では無いでしょう。

 

 

 

 

 

● テストステロン値が低いとどうなるの?

 

 

テストステロン値が低いと、

 

・男として魅力的で無くなる

 

これ以外にも、

・自殺企画を図りやすい
・糖尿病、高血圧、心不全などの病気のリスクが高まる

 

ということが、明らかになっています。

 

生きる上でも必要になるホルモンです。

積極的に増やしていく必要がありそうですね。

 

 

 

 

 

● どうやって増やすの?

 

 

では具体的に、どうやってテストステロンを増やせば良いのか?

 

・テストステロンを低下させる要因 →やらなければOK
・テストステロンを増加させる行動 →やればOK

 

この二つを見ていきましょう。

 

 

低下させる要因
  • 加齢
  • 睡眠不足
  • ストレス
  • 薬の服用

 

主に生活習慣の乱れや、年齢によるものです。

避けられない部分は、睡眠や適度な運動によるストレス発散で補いましょう。

 

 

増加させる行動
  • パートナーの存在(彼女・結婚相手)
  • 成功体験
  • 有酸素運動
  • 筋肉トレーニング
  • 栄養のとれた食事

 

とされています。

 

彼女がいるだけでも、テストステロンが上がって魅力的になるんですね。

男として魅力的で居ようという本能が、そうさせているのだと思います。

 

また、成功体験といっても、いろいろあります。

 

大きな結果を残した時、努力が実った時、

 

注目して貰いたいのが、ここには『SEXできた時』も含まれます。

 

ゲットしたくて努力して、SEXまでこぎつけた。これは男としては紛れもない成功です。

 

 

自分を高める為に筋トレをして、気になる女の子にアプローチして、付き合って、SEXする。

 

この流れで、テストステロンはめちゃめちゃ上がります。

 

 

特定の女の子にアプローチしていると、たまに他の子が寄ってくることがあります。

 

これは、テストステロン値が高まっている状態のときに、魅力が上がった自分に、女の子が集まってくるのだと考えています。

 

 

 

 

 

● 筋トレとの関連性は?

 

 

先ほども少し述べましたが、筋トレはテストステロン値を上げます。

 

”日本 Men’s Health 医学会”という団体が、テストステロンと筋肉の関係について記事を出しています。

http://www.mens-health.jp/726

面白いので、専門的な分野に興味のある方は読んでみて下さい。

 

 

テストステロンには「トレーニングの効果を引き出す」役割があります。

 

年齢が上がると筋肉が付きづらくなるのは、テストステロン値が低下するからです。

 

 

テストステロンは、人間の細胞の中心に信号を送ります。

その信号により、筋肉細胞の「崩壊を防ぐ」ことができます。

 

これがテストステロンと筋肉の関係です。

 

筋トレをするのであれば、絶対高めておいた方がいいですね。

 

 

とは言っても、筋トレをすればテストステロン値も上がるので、若い方はさほど気にしなくても良いかもしれません。

 

より強いテストステロンを出して効果を高めたければ、先ほど開設した「恋愛、成功体験」などを併用してみてください。

 

 

 

 

● テストステロンが肥満を防ぐ?

 

 

最後に補足的内容ですが、ダイエットをしたい方は必見です。

 

テストステロンは糖尿病のリスクを下げる、と説明しましたが、

 

実は「糖尿病のリスクを下げる(血糖値を下げる)」ことは、

「肥満を防ぐ」ことに直結するのです。

 

栄養学的な話になるので割愛しますが、太りたくない人は「とにかく糖分を控えて下さい」。

 

⬇︎詳しい「炭水化物抜きダイエット」についての記事はコチラ⬇︎

【正しいダイエット方法 〜脱・炭水化物抜き〜】

 

そして、テストステロンにも血糖値を下げる働きがあるため、

やる予定のダイエット法に加えて、テストステロンを高めるということも意識してみて下さい。

 

 

 

● 最後に

 

今回は、男性ホルモンの代表とも言える「テストステロン」の謎について解説しました。

オナ禁、筋トレに励む方にとって、少しでも有意義な内容になっていれば嬉しいです。

 

自分自身、こんな深いことを考えずにオナ禁と筋トレをしていた時期がありました。

 

しかし曖昧な情報だけだと、上手くいかない時にとても不安になります。

そんな時の支えとして、このブログを使って下さい。

 

 

専門知識も含まれますが、皆さんにとって確信的な情報となれば嬉しいです。

 

今後も、モテたいファイター達の為に、自分の知識をつぎ込んでいきますので、

よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です